タティンググレースって、楽しい

最近始めてハマっている趣味のひとつに、タティングレースがあります。糸巻(シャトル)に糸をぐるぐる巻いて、左手にかけた糸と交差させたりしながら編んでいきます。これが、なんとなく始めてみたら楽しいんです!

私はあまり手先が器用ではないので、これまで棒編みとかかぎ針編みとかは敬遠しちゃっていたんです。でも、タティングレースは私でも簡単に覚えることができたし、何より可愛い!レース編みというと、テーブルクロスみたいなものを作るイメージがありましたが、お花のモチーフとか、雪の結晶のモチーフなど小さいものも作れるので空いた時間に気軽にちょこちょこできちゃうんです!もっと上手くなったら、大きめのモチーフでブックエンドを作って、誰かにプレゼントしてみたいなぁ~!

スタジオころいー的にもこういった趣味は好きです。なんとなく没頭しながら役に立つものができる趣味って本当にいいと思います。あまり役に立たないものが出来上がるような趣味もありますが、まあ楽しいという意味ではそれもありかなと思います。

だけどやっぱり作って人に喜んでもらいたいもの。だからこそ役に立つものが作れる趣味は本当に素晴らしいですね。料理とかもその一つですよね。趣味であればあれほどいいものってないような気がします。